2017年09月28日

肌くすみと美白インナービューティー

肌くすみと美白インナービューティー


 francisco-moreno-67179

これからの時期は夏の紫外線による肌の疲れがとても出やすい時期になります。夏の紫外線による肌トラブルを最小限に抑えるためには、これからの時期のケアがとても大切になります。
保湿をする、美白化粧品を使用するなど外側のスキンケアはよくされると思いますが、内側からのスキンケアも美肌を作るのに大変重要かと思います。
外側からの美白スキンケアとともに、美白・美肌をつくる栄養素も積極的に摂っていきたいです。

例えば有名なトマトに含まれるリコピン。抗酸化力が強く美白剤のアルブチン並みにメラニンの生成を抑えることがわかっています。
マトは食べてから6~8時間後に肌の細胞に届くと言われているので、夕食にトマトを美肌にとても良いです。

トマト (2)人参

 

また、ニンジンに含まれるβカロテンも、紫外線による肌老化しわやたるみを防ぐことが実験結果でもわかっています。体を温める作用もあるため、免疫力向上、くすみ予防と改善など美肌効果があります。  

鮭のアスタキサンチン、コラーゲンも美肌にはもってこいです。
鮭に含まれる成分には、筋肉をひきしめ肌のハリを出したり、鮭の皮にはコラーゲンや肌荒れを防ぐビタミンB2なども豊富に含まれています。

fish_sake_kirimi

 

 

このように食材一つ摂っても、美白・美肌効果があるものがたくさんあります。
バランスの良い食事を摂り、不足する成分があれば抗酸化力のある食べ物を意識し、体の中からの美肌を目指しましょう!

(文責:インストラクター 高樋 沙苗)

高樋 沙苗さん
看護師
日本赤十字北海道看護大学卒業
東京医科大学病院(消化器外科)勤務後、
東京の美容皮膚科、札幌の美容皮膚科形成外科勤務を経て現在
サッポロファクトリー皮膚科スキンケアクリニック勤務
2017年 日本コスメティック協会 インストラクターに就任