あなたの化粧品知識を確認しましょう

1、“スキンケア化粧品”や“ボディーケア化粧品”等の化粧品の分類は薬事法で規定されている。
◯ or ×

正解:(×)
化粧品はその用途によって「スキンケア化粧品、メークアップ化粧品、ボディーケア化粧品、ヘアケア化粧品、フレグランス、男性用化粧品等に分類されることがありますが、薬事法で定義されているわけではありません。その使用目的や性格により便宜上分類されているものです。
法律や業界での基準や定義はありません。

2、日焼け用化粧品(サンオイル)は日焼けを促進し、肌を黒くする。
◯ or ×

正解:(×)
日焼け用化粧品は、急激な反応を起こす UVB をカットし UVA のみを透過させ、炎症を制御しながら美しい小麦色の皮膚に日焼けさせる化粧品です。日焼けを促進して肌を黒くしているのではありません。

3、ノンアルコール化粧品と標榜されていてもアルコールは使われている。
◯ or ×

正解:(◯)
ノンアルコール化粧品とは、製品に“エタノール”を使用していないという意味です。採血や注射をする際にアルコール消毒をしますがこの時に、肌が赤くなるなどアルコールに反応しやすい人用に作られた化粧品です。特にアルコール消毒等で問題のない方はノンアルコール化粧品にこだわる必要はありません。
また、お酒(エタノール)に強い弱いにも関係ありません。

4、無添加化粧品は、添加剤を使用していない化粧品のことである。
◯ or ×

正解:(×)
無添加化粧品という定義はありません。化粧品の全成分表示が義務化される前に表示が義務付けられていた旧表示指定成分が「配合されていない」という意味で、防腐剤や添加剤が使用されていないことを意味するものではありません。

5、アレルギーテスト済とは、アレルギーを起こす成分を使用していないという意味である。
◯ or ×

正解:(×)
アレルギー成分が配合されていない証ではありません。アレルギーを起こしうる成分は個人により異なります。またアレルギーテストも実際はいくつもの方法があり、化粧品メーカー独自の判断によって様々はテストが実施されています。 配合されている成分をよく確かめて自分に合わない成分が配合されている製品は使用しないようにしましょう。

6、消費期限や使用期限の記載のあるものは、開封後その期日までの安定性が保証される。
◯ or ×

正解:(×)
化粧品は薬事法で「通常の保管条件下で3年以内に変質するもの」は有効期限表示をするよう定められていて、表示がないということは未開封であれば3年間は品質保証がされているということになります。ただし、未開封の状態ですので開封後は3-6ヵ月で使い切るようにしましょう。去年のシーズンに余った日焼け止めクリームを今年も使うのは避けましょう。

7、“乾燥による小じわをめだたなくする”という効能は、ファンデーションの使用によって、小じわがめだたなくなることである。
◯ or ×

正解:(×)
ファンデーション使用によるメークアップ効果ではなく、クリ-ムなどのスキンケア製品の保湿効果により、乾燥を防ぎ、小じわがめだたくなくなる効能表現である。

8、大人のニキビは額やTゾ-ンだけにできる。
◯ or ×

正解:(×)
大人のニキビは過剰な皮脂の分泌だけでなく、生活習慣の影響もあります。また、皮脂の分泌の少ない頬、顎、首などにもできることがあります。

9、日本の化粧品は、成分表示さえすれば全ての成分が企業責任で使用することができる。
◯ or ×

正解:(×)
防腐剤、紫外線吸収剤、タール色素、その他使用が制限されている成分以外は、企業が自己の責任において安全性を確認し、使用することができます。

10、タール色素は石油系原料から得られる物質なので安全ではない。
◯ or ×

正解:(×)
タ-ル色素が石油系原料から得られたものであることは正しいのですが、安全性が確認された色素だけが、厚生省省令によって定められ、化粧品に配合されています。

11、オ-デコロンは香料の割合が2~5%と少なく、ライトフレグランスが好きな女性に人気です。
◯ or ×

正解:(◯)
香水は15~30%、オーデトワレが5~10%の賦香率であるのに対し、オーデコロンは2~5%の賦香率で、香りの持続性も短いが、さわやかな香りが多く、手軽に楽しみことができます。

12、シリコ-ンは水分をはじく撥水性効果とべたつきがなく、軽い感触を与えることから、種々の化粧品に使われています。
◯ or ×

正解:(◯)
シリコ-ンは有機ケイ素のポリマ-のことで、撥水性や耐水性の特性から、化粧品原料としてはもちろん、原料の表面処理剤としても使用されています。

 化粧品について更に詳しく学びたい方はこちら