医療機関(クリニック)インタビュー
パンジー皮膚科クリニック 院長
向久保 寿恵

お肌と化粧品の正しい知識を身につけ、正しい選択をすることが大切

img_1070 当クリニックでは乳幼児や小児の季節的な皮膚トラブルの他に、そのお母さん方や、高校生、大学生のお化粧を始めた世代の化粧品の誤った使用法による皮膚トラブルなど、生活習慣に影響される皮膚疾患が増えています。私たち皮膚科医がどんなにいいお薬を処方しても、毎日間違ったスキンケアをしていれば症状はなかなか改善されません。お薬や施術だけでなく、正しいスキンケア、化粧品の選択などの指導も大切な治療の一環だと考えています。スタッフも含めて共通の知識を身につけてもらうために、化粧品の知識、スキンケアの知識を測る物差しとして、何かよいものはないかと模索していたところ、日本コスメティック協会のコスメティック検定が、化粧品の基本的な事項や適切な選択ができる知識が身につく良い方法と考え、当院のスタッフにも受験してもらいました。今回の検定を通して、スタッフが共通の正しい知識を持ったことで、同じ目線で患者さんにわかりやすく説明することができるようになりました。土壌が悪いといくら水をやっても種が育たないように、お肌の土壌もよくしてあげないとどんなによい薬や美容液を外用しても思うような効果はでません。まずはお肌と化粧品の正しい知識を身につけ、正しい選択をすることが大切です。 今後、コスメマイスター(化粧品検定)だけでなく、スキンケアマイスター(美容総合検定)の取得を目指しています。

その他の資格取得者の声