⑦
医療機関(クリニック)インタビュー
こばやし皮ふケアクリニック 医師
小林 ひかり

皮膚科学の知識+αの知識でより幅広い診療の対応ができるように

img_1070 私は美容医療を専門にやっていますが、こちらの検定で皮膚科学の知識+化粧品、美容に関する知識の再確認をしたことで、より幅広い診療の対応ができるようになりました。 美容医療は、自由診療だけですとやはりコストや通院が大変なこともあります。反面、にきびであればスキンケアをきちんと指導するだけでも治ることもありますし、乾燥肌によるトラブルも化粧品の適切な指導である程度改善することもあります。よって当院では、保険診療と化粧品、美容機器・薬剤等の選択肢の中から、完成イメージはどの程度なのか、予算はどれくらいか、どの様な生活スタイルなのかに合わせて治療法を選んでいます。スキンケア、化粧品に対する知識を深めることで、通院治療が難しい方にはまずは普段のお手入れや化粧品の提案などをさせていただきますし、定期的に美容医療を受診している方にもそれをキープするためのホームケアのアドバイスが可能です。また、医療機関の前にエステなどで適切ではない施術や化粧品を勧められている方がいらっしゃれば、それに対して理論的に説明することができます。 皮膚科医として必要な、皮膚科学だけではカバーできない化粧品や美容に関する知識を、改めて補充や整理することができて検定を取得して良かったと思います。 また、検定用のテキストもまとめて知識が学べるため、当院のスタッフ達にも読んでもらい、興味を持って知識を覚えて共有し、普段の業務の中でも役立ててもらえればと思います。

その他の資格取得者の声