日本コスメティック協会認定指導員(インストラクター)認定者
化粧品・医薬部外品製造業
渡邉 英洋

『実用的なアンチエイジングコスメの探究のため』

  都内の化粧品メーカーに勤めており、化粧水・乳液・クリーム、ファンデーションや美容液などの化粧品製造に従事しております。
 検定試験受験の動機は、自身の化粧品知識の見直しと、新人さん達の研修指導が目的でしたが、インストラクターに応募させて頂いたきっかけとしましては最新の化粧品・素材研究の情報収集と、有識者の方々との人脈作り・交流を通しての『実用的なアンチエイジングコスメの探究』です。
 政府による試算では、2055年には高齢率が40%を超えると発表しており、『5人に2人はお年寄り』という超高齢化社会になると言われております。(現在は26.7%)
 化粧品・美容業界であれば、高齢者に対してのスキンケアの知識を広めることができ、またインストラクターとして発信できることがあるのではないかと思います。

その他の資格取得者の声