医療機関(クリニック)インタビュー
ほう皮フ科クリニック 院長
許(ほう)郁江

化粧品についての充分なアドバイスができることが私たちの使命です

img_1070 当院は、今年、開院10周年を迎える皮膚科・美容皮膚科クリニックです。 患者さんが、化粧品にかぶれたと受診された場合は、化粧品・シャンプー・リンス・石鹸などのパッチテストを行い、何が合わないのかを確認するようにしています。あるいは新製品を持ってこられて、成分表示を見て、自分にあっているかどうか見てほしい、かぶれの成分が入っているのか見てほしいと化粧品について相談されることも多くあります。 多忙な日常診療の中、わざわざコスメマイスター(化粧品検定)を受けに行くことが難しいのが現状ですが、今回は、日本美容皮膚科学会総会の際に講習会と試験があり、タイミングよく受けられて本当に良かったと思っております。 皮膚科医も当然知っておくべき、化粧品についての基本的な知識、製造、管理、他、全般的な知識の整理になり、大変役に立ちました。 今後は、地域に根ざすクリニックとして、いつまでも若く美しい皮膚でいられますように、様々な角度から化粧品に関するアドバイスをして差し上げられるよう、さらに研鑽を重ねて行きたいと思っております。

その他の資格取得者の声