医療機関(クリニック)インタビュー
ちひろ皮膚科クリニック  看護師
久松 由紀枝

お子様から大人まで正しいスキンケアのアドバイスを

img_1070 当院は皮膚科・美容皮膚科のクリニックです。皮膚科では様々な皮膚疾患の患者様が受診され、一番小さい方は生後1ヶ月の赤ちゃんから、大人の方では100歳まで来院されます。私が日本コスメティック協会 認定指導員(インストラクター)検定を取得した後に他の看護師もスキンケアマイスター検定を取得しました。このように、スタッフの知識も向上することによって、患者様に正しいスキンケアをしてもらえるように積極的に関わるようになりました。美容皮膚科ではピーリングやレーザーなどを受けに来院され、施術前には洗顔してメイクを落としてもらいます。そして、看護師はベッドに横になって施術を受ける患者様の皮膚を観察しますが、洗顔する時に擦り過ぎているのではないか、保湿が足りないのではないか、紫外線対策はしっかりとされているだろうかなどと考えるようになりました。意外と正しいスキンケアがわからずに間違ったスキンケアをされている方が多くいらっしゃいます。このような場合でも、医師だけではなく看護師からも患者様のお肌に合ったスキンケアの指導やアドバイスを行っています。認定指導員(インストラクター)検定やスキンケアマイスター検定を取得したことで患者様を観察する視点が変わり、患者様からの信頼と看護師に対する安心感も得られるようになってきたと思います。これからも、安心して通っていただけるクリニックを目指して、取得した認定指導員(インストラクター)検定を生かして行きたいと思っております。

その他の資格取得者の声