2020年09月28日

ペットも新型コロナウイルスに感染するのですか?

 

 

コロナ禍において、人からペットへの新型コロナウイルスの感染に関する様々な報道があり、飼い主のみなさまとしても心配な日々だと思います。
今回、ペットへの新型コロナウイルスの影響に関して現時点で分かっていること、飼い主として気をつけなくてはならないことについてお話していきたいと思います。

 

新型コロナウイルスは人から飼育しているペット(犬、猫)に感染しますか?

これまでに新型コロナウイルスに感染した人から犬、猫へ感染したと考えられる事例が数例報告されています。犬における新型コロナウイルスは、猫に比べて感染例が少なく、研究でも感染が起こりにくいことがわかっています。中国やドイツにおける研究では、新型コロナウイルスの感受性は犬では低く、猫では高いことが報告されており、さらに猫から猫への伝播が起こることがわかっています。これまでのところ、猫では呼吸器症状や消化器症状があったとの報告がありますが、犬では明確な症状は確認されていません。

 

人からペット(犬、猫)への感染はない

これまでのところ、新型コロナウイルスがペットから人に感染した事例は報告されておりません。

 

ペット(犬や猫)の感染を防ぐために


現時点では、人からペットへの感染事例はわずかな数に限られています。またペットから人への感染の危険性は低いとされています。しかし、感染した人と濃厚接触のあったペットが感染する可能性は完全に否定できないため、飼い主自身の予防が最も効果的と考えてください。

飼い主自身が、石けんによる手洗いや消毒用アルコールによる手指消毒、室内のこまめな喚起、またマスクの着用、3つの密(密閉・密集・密接)を避ける、ペットとの過度な接触の回避等、日常の対策をしっかりと行っていれば、過敏になる必要はありません。

 

注意!
近年、ペット用のマスクが販売されていますが、
誤飲や呼吸困難の恐れがあるため推奨できません。

 

 

万が一飼い主がコロナウイルスに感染した場合は、できるだけペットとの接触を避けることが望ましいとされています。 ご自身が新型コロナウイルスに感染された時のために、預かり先の確認や、ペットに持病がある場合はかかりつけの動物病院にあらかじめ対策を相談しておきましょう。

 

(参考)
厚生労働省ホームページ:動物由来感染症 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou18/index.html
日本獣医師会
http://nichiju.lin.gr.jp/covid-19/covid-19_file8.pdf

 

コロナ禍における動物病院への受診

現在、動物病院においてもコロナウイルス感染予防策がとられています。
動物病院を受診する際に、心がけていただきたいのが、

① 3密を避けて動物病院を来院する(大人数で来院しない)
② 事前に予約が必要か確認する
③ 飼い主が咳症状や発熱があった場合は受診しない
④ 来院時はマスクの着用や手指消毒

です。
今まで予約制でなかった動物病院にでも、感染予防対策として予約制が導入されたり、待合室の人数制限があったり、駐車場での待機など動物病院ごとに対策がとられていますので、事前にホームページなどでご確認いただいてからの受診が望ましいでしょう。

 

【獣医さんに聞く】

ペット(犬や猫)自身のケアで、できることはないか?お伺いしました。

Q. 散歩など外から帰ってきた後、ペットの足や体を拭いたりする必要はあるのでしょうか?
A. 必要です。
ペットの体表などを介したウイルスの伝播を防ぐために、ペット用の体拭きシートなどを使用し体を拭く、シャンプーをする、お散歩に行く際に洋服を着用し帰宅時には洗濯するなどの対策は有効だと思います。

Q. ペット専用の新型コロナ対策グッズはあるのでしょうか?
A. まだペット専用で効果が証明されているものはない状況です。
現時点では、人が使用している消毒用のアルコールや、家庭用の塩素系漂白剤などを使用してください。
ただし、ペット自身への直接の噴霧は安全性が確認されていないので行わないでください。あくまでもペットが使用した食器やマット、衣類への噴霧とふき取りとしてください。