2019年10月03日

男性の体臭について ~Vol1 ミドル世代特有のミドル脂臭とは~

無臭や抗菌が叫ばれるようになり、様ざまなメーカーがCM等でこぞって「中高年の男性の体臭」イコール「加齢臭(おじん臭)」と周知してくれたおかげで、その名称は今やすっかり世間に浸透しました。

しかし最近は「ミドル脂臭」と呼ばれる、中年男性の体臭に注目が集められていることをご存じでしょうか?「ミドル脂臭」は30代から40代、「加齢臭」は50代以降で顕著となる男性の体臭として大きく分類されています。

~ミドル脂臭~

株式会社マンダムは「ジアセチル」という成分がミドル脂臭の主な原因成分であると世界で初めて発表しました。この「ジアセチル」は酢酸の100倍、口臭の原因成分の1.4倍、足臭の原因成分の1.5倍も臭気が強く、さらには加齢臭のなんと100倍も拡散してしまう成分です。

「ジアセチル」は、頭部のエクリン汗腺(汗を分泌する腺のひとつ)から分泌される乳酸が頭皮の常在菌により代謝・分解され、生産されます。一方で、頭部の皮脂腺から分泌される皮脂は、頭皮の微生物が産生する「リパーゼ」という酵素により代謝・分解され、「中鎖脂肪酸」が生産されます。これが「ジアセチル」と結びつくことで、さらに臭いが増幅され、ミドル脂臭となるのです。

~中高年男性の体臭対策~

以前のコラムでも触れたように、男性は基本的に汗と皮脂の分泌量が女性より多く、そのため体臭が強い傾向にあります。50代以降に顕著になる加齢臭は主に体幹部や背中から出るのですが、30代以降に顕著になるミドル脂臭は、後頭部付近から発生するため他人の臭覚に触れやすく、また枕などに臭いを残しやすくなります。したがって、30代以降は毎晩の洗髪に加え、朝の洗顔時に洗顔料の泡により耳の裏から首筋までを洗浄することは体臭対策のひとつです。さらに日中も、耳元から首元にかけてを市販のデオドラントシートでこまめにやさしくふき取ることもおすすめです。

良くも悪くも香りは脳へ直接働きかけ、その人の印象を左右すると言われています。自分のにおいは自分が気づいていなくとも、他人は敏感に察知しているのです。体臭対策も「身だしなみ」のひとつとして、ぜひ、意識されてみてください。

 

(文責:インストラクター 樋口 彩子)