2017年07月11日

日本の化粧品は、成分表示さえすれば全ての成分が企業責任で使用することができる。

防腐剤、紫外線吸収剤、タール色素、その他使用が制限されている成分以外は、企業が自己の責任において安全性を確認し、使用することができます。