2017年07月17日

ノンアルコール化粧品と標榜されていてもアルコールは使われている。

ノンアルコール化粧品とは、製品に“エタノール”を使用していないという意味です。採血や注射をする際にアルコール消毒をしますがこの時に、肌が赤くなるなどアルコールに反応しやすい人用に作られた化粧品です。特にアルコール消毒等で問題のない方はノンアルコール化粧品にこだわる必要はありません。 また、お酒(エタノール)に強い弱いにも関係ありません。